アクセス解析

これぐらいは最低知っておけ!整体院のネット戦略

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 整体院経営

今や整体院もネット戦略を頭に入れておかないと大変な時代と
なっています。


何をするにもまずはネットで調べるのが当たり前の時代。


 
仮に看板やチラシで自分の運営する整体院のことを知ってもらったとしても、すぐに予約の電話をするのではなく、一旦、一度ネットで調べてから行くかどうかを決める。これが当然の時代となっています。


スマホが普及してからはこの流れはますます加速しているということが言えるでしょう。


当然、そういう時代である以上、整体院がホームページを作るのは必須となっているといっていいと思います。(一部の、クチコミだけで予約が埋まるスーパー治療家なら別ですが。)


ホームページだけでなく、ブログ、フェイスブック、ツイッター、Youtubeなどといったものを駆使して、少しでも自分の整体院を知ってもらって、新規の患者さんを増やすのは今や当然のことだといえるでしょう。


ただし、当然ことながら、ただ作ればよいのではなくて、一応、それなりにポイントというものがあります。


そこで今回は、それをいくつか紹介しておこうかな、と思います。


 
ま、実際にはネット戦略に関してはとにかく気をつけておくべきポイントが多すぎるので、どれをいっていいのか、といわれると困ってしまう部分が多いですが、簡単にできることからいうと、例えばホームページやブログのタイトルのつけ方の部分。


通常、整体院がホームページを作ると、ホームページのタイトルには「○○整体院」という整体院の名前だけをつける人がいます。実はこれはあまり良くないです。


付けるなら少なくとも「△△市の整体といえば○○整体」とか「○○整体院・・・△△市」とか、必ず地名を入れた方がいいでしょう。(都市部なら駅名の方が良い場合も)


通常、一般の人は自分の住んでいる地域の整体院を探すとき、「新宿 整体院」とかいった具合に、地名と一緒に検索することが多いです。この際、検索エンジンは、ページの中に住所などが記載されているだけのページよりも、タイトル部分に地名が入っているページの方をより上位に表示することが多いです。


つまり、タイトル部分に地名が入っているだけで、ライバルの他院よりも見つけられやすくなるわけで・・・。


検索エンジン対策(SEO)の基礎の基礎ともいえる部分ですが、こういう基本的なことすらやっていない人が多いので、こういうことから最初はコツコツとやっていった方が良いでしょう。


あと、電話番号などの連絡先は全てのページの上部(右上とか)とページの下部(そのページに書かれた記事の最後とか)に入れるようにした方が良いです。


仮に自分のホームページが10ページぐらいあるとして、その中の1ページだけでしか連絡先が書いていない場合と、全てのページに記載されている場合では、どう考えても全てに記載してある場合の方が親切だし、患者さんも電話をかけやすくなります。


私なんか、「全てのページに連絡先が書いていない」=「不親切」=「きっと実際に行っても、不親切な対応をされる」と考えるぐらいになっていますが、これなんかも極めて基本的なことですが、意外とできていない人がいるので気をつけたほうが良いでしょう。


あと・・・できるだけ、人の顔写真を載せたほうが良い、ということも言っておきましょう。


自分やスタッフの写真、患者さんの写真、などが載っているページのほうが、まだ院に来たことのない人に安心感を与えることができます。また、写真が多いだけで、「人が多くて繁盛しているんだな」→「繁盛しているということは、きっと腕が良いに違いない」と思わせることができ、それが新規の集客にもつながったりします。


最悪、素材集の写真とかを使ってもいいので、とにかく、ホームページには極力、顔写真を載せるようにしたほうが良い、ということはいえると思います。


あ、写真で思い出しましたが、整体院などの治療院は、お店の外観写真、つまり、お店を外から撮った写真をホームページに載せていることが多いですが、初めて来る患者さんにとって重要なのは、実は、お店の内側の写真だったりします。


「中がどうなっているのかわからず不安なので、やっぱり行くのは止めておこう」と思わせないようにするためにも、すくなくとも1枚、2枚は、院の内側を写した写真をホームページ内に載せるようにした方が良いと思います。


 
あと、過去には「整体は東洋医学がだから」という理由で中国っぽい?ホームページを作る人がいたり、一瞬、お寺のホームページ?と思うようなものを作ったりする人もいました。


こういうのを作ると、特に若い人とかが来なくなって、顧客の年齢層が変わってしまうこともあるので注意が必要です。


他の整体院のホームページを見てまわったり、また「整体院 ホームページ作成」「整体院 ホームページ製作」「治療院 ホームページ作成」などのキーワードで治療院専門のホームページ作成を行っている業者のホームページを見て、ポイントや過去に製作事例などを見てまわることでも、それなりに勉強はできるので、頑張って欲しいところですね。


 
他にもPPC(ペイ・パー・クリック)広告を使って集客する方法だとか、フェイスブックやYoutubeを駆使する方法だとかもありますが、それら全てを解説しだすとおそろしい量になるので、まずは基本的なことを押さえて、ホームページやブログを作る、ということを実践していくと良いのではないかと思います。


(追記)
自分はインターネットのことは良くわからないから・・・といって、業者にすべて丸投げする人がいます。


よほど優秀なところに当たればそれでも良いかもしれないですが、多分、こういう姿勢の人は失敗する可能性が高いです。


今は、1万円ぐらいのホームページ作成ソフトでもそれなりのデザインのページは簡単にできるようになっているし、最悪、ブログを少しずつ書くでも良いので、自分で最低限の知識は入れておかないと、結局、高いお金を払っただけで、まったく集客にもつながらない効果のないページだけが残ることになってしまうことが多いです。


(電話で営業してきたホームページ作成の業者に「月たったの3万円で素晴らしいデザインのホームページが!」といわれて3年とか5年とか払い続ける(つまり100万円以上払う)契約をしたが、全く集客につながらなくて、痛い目を見る整体院経営者って、実は意外とたくさんいたりします。)


あと、「お前、若いからこういうことに詳しいだろ」といって、特にコンピュータとかが得意でもない若いスタッフに全部やらせようとする人もいますが、この場合も、失敗する可能性がかなり高いです。


無理やりやらせたところで、なにが重要かもわかっていない人間が作ったページは、アクセスも集めることができず、仮に集めることができても、ページを見た人に「じゃあ、ここに行ってみよう!」と思わせることができないので、結局、失敗に終わることが多いです。


こういうことも気をつけておきたいポイントと言えるのではないでしょうか。