アクセス解析

いろいろな整体術その11.シンクロ矯正

整体術といっても、実は非常にたくさんの手法・流派などがあります。


揉むようなもの、骨や関節にアプローチするもの、足ツボ療法に見られる、直接問題のある箇所を触るのではなく、離れた位置を触って改善を促す方法、神経などにアプローチする方法など様々。


加えて、中国発祥の技や日本で開発されたもの、アメリカや欧米発のものもあり、それぞれに特徴や長所・短所があります。


ここでは、それらの中から代表的なものを少しだけ紹介していきたいと思います。


 
いろいろな整体術その11.シンクロ矯正法


シンクロ矯正法という整体術があります。


小柳公譽D.O.C(ドクター・オブ・カイロプラクティック:アメリカのカイロの資格をとった人のこと)によって作られた整体術で、手や足の各関節が背骨や骨盤などとつながっており、手や足を触れば、そこと連動した 背骨や骨盤の問題が解決できるし、逆にいくら背骨や骨盤の歪みを矯正しても、手や足の問題が解決していなければ、症状の改善や解消は思うように進まない、ということを提唱している整体術になります。


癒道整体などと同様、間接法中心の整体術です。


手の骨       手の骨


手や足は非常にたくさんの骨によって構成されています。


小柳氏は、その骨と骨の間をつなぐ関節と、背骨や骨盤などのところにある関節は連動している、ということを発見し、10年かけて足や手の関節と、どの背骨や骨盤、肋骨等の関節が連動しているのかを調べたとのこと。


背骨などを検査して、どの骨が歪んでいるか、どちらに動かしにくいかを調べ、それに連動した足や手の関節のところを10~20秒ほど触って、そこの動きを改善してやったりすると、問題のあった背骨などの骨の問題が解決します。


人の体はいろいろなところがつながっている、ということを実感できる、整体術だと
いえるでしょう。


ぎっくり腰など、背骨や骨盤の方を直接触れないような強い痛みがあるときなどは、この手や足をさわって当該箇所を改善する方法はなかなか使えると思います。


整体術というと、悪くなっているところを直接触って歪みを改善する方法のほうが一般的ですが、このように離れた位置を触って体の歪みをとっていく方法もあるわけです。


これらもしっかり頭に入れておいて施術を行えるようにしておくことが、優秀な整体師になるためにも重要なポイントといえるでしょう。


  シンクロ矯正法   シンクロ矯正法Part-2