アクセス解析

いろいろな整体術その12.頭蓋反射テクニック

整体術といっても、実は非常にたくさんの手法・流派などがあります。


揉むようなもの、骨や関節にアプローチするもの、足ツボ療法に見られる、直接問題のある箇所を触るのではなく、離れた位置を触って改善を促す方法、神経などにアプローチする方法など様々。


加えて、中国発祥の技や日本で開発されたもの、アメリカや欧米発のものもあり、それぞれに特徴や長所・短所があります。


ここでは、それらの中から代表的なものを少しだけ紹介していきたいと思います。


 
いろいろな整体術その12.頭蓋反射テクニック


頭蓋反射テクニックは東京で何店舗か整体院・接骨院を経営する熊谷剛氏が作った整体術。


頭蓋骨は23個の骨で構成されていますが、その骨と骨の継ぎ目の部分、「縫合」が、体のさまざまなところと連動しており、その縫合を軽く圧縮しながら第1頚椎に刺激を与えると、体のさまざまな部分のロックが外れ、体の状態が改善するという整体術です。


一瞬で信頼を勝ち取る! 頭蓋反射テクニック


   一瞬で信頼を勝ち取る! 頭蓋反射テクニック


シンクロ矯正法が手や足のつなぎ目の部分を触って改善していく方法なのに対し、首から上だけを触って改善していくのが、この頭蓋反射テクニックとなります。これも間接法というやつですね。


整体師は勉強会やセミナー、DVDなどで新しい方法を覚えると、まずは自分の体で試し、次に家族をはじめ身近なところにいる人で試し、効果が出るようなら患者さんに使ってみる、という形をとることが多いと思いますが、この頭蓋反射テクニックは、自分の体で試したとき、結構、はっきりと体に変化が出て、ビックリした方法でもあります。


あまり、知名度のある整体術ではないですが、自分で試してみて、意外と使えるのではないかということで、紹介しておきます。


どの縫合が、体のどの部分と連動しているのか、というのを覚えるのは最初、ちょっとだけ大変かも。でも、そんなに量もないし、1週間もしないうちにそれは覚えられるのではないでしょうか。


     


施術自体はいたってシンプルなので、誰でもできます。また、妊婦さんなど力を使うようなテクニックでは施術できない方も、この方法なら、施術できます。座った状態でも使えるし、立った状態でも使えるし、寝た状態でも使えるので、痛みが強すぎて寝るともう簡単には立ち上がれない!なんて人にも使えて、役に立ちます。


癒道整体シンクロ矯正法、頭蓋反射テクニックなどの間接法を身につけておくことは、やはり重要だな、と感じます。


 
癒道整体のところでも述べましたが、こういう方法を勉強すると、テレビなどで紹介される小顔術などが非常に危険な方法だ、と感じます。


顔の骨は脳のすぐそばにあるだけに、わずか1ミリ、2ミリ、の歪みが体のほうにまで影響を与えるわけです。それを力まかせにグイグイと顔を押したり、もんだり、こすったりする方法が紹介されていると、「ああ、そのときは顔が小さくなったと喜んでも、あとで気持ちが悪くなったり、体の調子がおかしくなったりするんだろうなあ。」なんてことを思ったり・・・。


顔を触るときは、かなり注意して、痛くないように触ることが重要だな、と思います。小顔矯正、頭蓋骨矯正を勉強する方は、必ず頭に入れてほしいところですね。


 
ところで、この頭蓋反射テクニックを作った熊谷氏は、数店の整体院を成功させていることもあり、そのノウハウを教える治療院経営に関するセミナー等も開いており、評判になっています。


なかなか使える方法がいろいろあるだけに、こういったことも勉強しておくと、自分の整体院経営を成功させるのに、非常に役に立つでしょう。整体師に限らず、治療家の多くは技術は一生懸命勉強するけれど、経営術の方はおろそかにしがちなだけに、こういったことを勉強せずに、「なかなか売り上げが上がらない。大変だ!」とか言わないでほしいところ。


  流行る施術院の作り方  熊谷式 心を動かすチカラ


・・・とまあ、すこし脱線しましたが、こういうテクニックや知識を得ておくことも、最強の整体師になるためには重要だと思います。