アクセス解析

整体院と接骨院の違いって?

世の中には、病院以外に、数多くの「治療院」というものが存在しています。鍼灸院やら指圧やら何やら・・・。


その中でも「整体院」と「接骨院」は、やっていることが似ているというか、院によってはほぼ同じことをしています。


一般の人は、接骨院って骨を折ったり、脱臼したりした後にだけいく場所と思っていますが、実際には肩こりや腰痛などを対象にした施術も多くやっています。(もちろん、骨折をはじめとした外傷の後の処置を行うことは整体師よりも多いでしょうが。)


昔は骨折したときに対応できる病院も少なかったため、接骨院は重宝されました。しかし、現在は、骨折した時には、病院や整形外科に行く人が多いこともあり、接骨院も実は腰痛や肩こりに対する施術が多くを占めるようになっています。なので、実質、整体院とほとんど同じような業務をしているということがいえるでしょう。(整体もする接骨院ということで、「整骨院」と名乗っているところも多いですね。)


整体院と接骨院は似たような業務をしている。


こういう状況もあって、整体院と接骨院の違いがいったい何なのかがわからず、混乱する方も多いようです。特に整体師になるべきか、それとも国家資格の柔道整復師の資格を取るべきか、どっちが良いのだろうかと迷われる方は、違いがわかっていないとどちらにするか決断できないわけで、結構大切なポイントです。


なので、今回は整体院と接骨院の違いについて簡単な解説をして行きたいと思います。


 
 
といっても、整体院と接骨院の違いって非常に簡単ものです。最大の違い。それは接骨院の方には「柔道整復師」という資格を持っている人がいる、ということになるでしょう。


「柔道整復師」とは国家資格であり、3年間、専門学校に通った後、国家試験を受けて合格すれば得られる資格です。


この資格を持っていると、例えば、骨折や脱臼、捻挫などの外傷性の傷を負った後の処置を行う場合、患者さんは病院に行くときと同様、保険を使うことができるので、施術料を安くすることができます。


施術料が安ければ接骨院は患者さんを集客しやすくなるため、経営の安定化をしやすくなるというメリットがあります。


(なお、肩こりや腰痛などに対する施術を行った場合には、保険は使えません。これらの症状に対して保険が使えるといわれたら、それは書類を偽造して肩こりを「頚椎捻挫」などといった具合に別な名前に変えて申請を行っている可能性が高い・・・・です。グレーゾーン!)


また、交通事故にあってむちうちなどになった患者さんは、少しでも早く体の状態を良くしたいわけですが、病院ではせいぜい湿布や痛み止めをくれる程度の処置しかしてくれないことが多いので、こういう方は接骨院や整体院に毎日のように通って施術を受けて回復を図ろうとします。


この際、事故の原因が相手に車をぶつけられたことによって起こった場合は、治療費はぶつけた相手が加入していた自動車保険から出る保険金によって払われることが多いですが、保険会社は国家資格を持っている接骨院で施術を受けた場合のみ、支払を認めるということにしていることも少なくないため、結果、接骨院の方が整体院よりも、毎日のように通ってくれる交通事故患者さんを獲得しやすい、というメリットもあります。


「柔道整復師」の資格を持っていると、こういったメリットが存在しているので、その点では整体院よりも有利だといえるでしょう。


ただし、当然、デメリットもあります。例えば、柔道整復師の資格を取るにはお金がかかります。


学校によって違いがありますが、一般的に柔道整復師の資格をとるのには専門学校に通う学費だけで500万円程度のお金がかかるといわれています。結構、すごい額ですね。


また、柔道整復師は国家資格である以上、さまざまな規制が存在しており、広告が自由にできなかったり、待合室の広さは何m2以上必要だとかいった様々なルールがあり、自由度に制限があります。


それに、保険が使える場合でも、その症状に対する料金は、国が決めてしまっているので、接骨院の側が自由に設定することはできません(だいたい低目に設定してあります)。


加えて、現在、少子高齢化が急速に進んでおり、社会保険に関する国の予算が毎年膨らんでいく状態にあるため、財源が足りず、その結果、国は保険の支払を抑制する方向に動いています。


具体的には、今まで患者さんから1000円、保険から1000円もらっていたとしたら、保険からもらえる金額が500円になったり、月に5回分の施術までしか保険の支払を認めない、ということになったりしていく、ということです。


今までと同じ処置をしているのに、もらえる金額は減っていくというわけで、現在、これに頭を抱えている接骨院の経営者はたくさんいるようです。


その点、整体師は保険を使わない(そもそも使えない)ので、料金は自由に決めることができます。1回の施術で5000円とろうが、1万円とろうが勝手。また、広告なども比較的自由に出すことができます。自由度が非常に高いといえます。


最近は、接骨院も集客がしにくくなることを覚悟で、保険が使える症状であっても、保険を使わない「自由診療(実費治療)」の形をとることが増えていますが、これも少しでも収益を増やしたいという意識の表れだということができるでしょう。


このように、資格を取るのに大きな費用がかかり、様々な法的な規制もあり、以前はあったメリットがどんどんなくなっていく、という状況のため、現在は、柔道整復師の資格を持っている人ですら、「こんなことなら、大きなお金や3年もの時間をかけて柔道整復師の資格なんかとらずに、普通に整体師としてやっていけば良かった。」という人も結構多くいたりする・・・そんな状況となっています。


以前は、保険が使えるという大きなメリットがあった柔道整復師も、保険に頼ることが逆に自分の首を絞めるような状況になりつつあるわけで、決して、今はメリットが多い資格だとはいえなくなっています。あえて時間と大きなコストをかけてまでも、この資格を取るべきかどうかはよくよく考えて決める必要があるといえるでしょう。


 
・・・いやいや、そうはいっても、整体師よりも柔道整復師のほうが国家資格なだけにレベルが高いんでしょう?やっぱり患者さんは国家資格を持っている接骨院の方に進んで行くんじゃないかな?だったとしたら、経営上、資格を持っておいた方が良いのでは・・・と思う人もいるかもしれません。


確かに整体師は誰でもなれるので、おそろしくレベルの低い人、こんなことも知らないのに整体師を名乗って人の身体を触っているのか!?という人も存在しています。


その点、一応、国家資格である柔道整復師は、最低限の生理学や解剖学をはじめとしたさまざまな知識を持っていないと合格できないので、整体業界に見られるようなおそろしくレベルの低い人が存在している、という状態になる可能性は少ないです。


ただ、国家試験では基本的に相手が治せるかどうかは問われません。筋肉とか骨とか内臓の名前や位置、働きをちゃんと知っているか?この痛みは、どこが原因で発生しているのか?ということに関しての知識をきちんと知っているのかが問われるだけで、実際に施術が上手いかどうかはかならずしも資格の取得には関係ありません。


車の免許(国家資格)を持っていても、ペーパードライバーの人がいたり、荒っぽい運転をする人がいたりするのと同じで、柔道整復師の資格を持っていても、きちんと身体を治せない人、対応が悪い人なんていっぱいいます。


また、そもそも、一般の人は、整体師が国家資格ではないということ自体を知らないことが多い上、接骨院は骨を折ったり、脱臼したりした後にだけいく場所と思っていたりすることも多いので、下手に接骨院を名乗るよりも、整体院と名乗って活動した方が集客しやすいこともよくあります。


つまり、柔道整復師の資格を持っていることは保険が使えるという以外には、必ずしも大きなメリットはないということです。しかも、そのメリットも年々なくなりつつある、ということは頭に入れておいた方が良いかもしれません。


 
・・・このように整体院と接骨院は柔道整復師という資格の有無による差があるわけですが、資格があった方が圧倒的に有利だった時代はすでに終わり、今はあまり大きなメリットはない状態となっています。(強いて言えば、資格があるほうが最初のうちはちょっとだけ自信を持って施術ができるとかいう、気持ちの上でのメリットはあります。あと、保険を使う方法と、自由診療でやる方法をうまく使い分けることで収入を安定させるやり方もあります。)


重要なのは資格を持っているかどうかではなく、やり方だったり、技術だったり、人間性だったりします。


こういうこともちょっとだけ頭に入れておくと、どちらかを選ぶときに役に立つのではないかと思います。


独立開業自力で習得!全身手技療法パーフェクトマニュアルDVD2枚組


整独立開業自力で習得!全身手技療法パーフェクトマニュアルDVD2枚組


O脚矯正プログラム「福辻式」


O脚矯正プログラム「福辻式」