アクセス解析

整体師って国家資格になることある?

整体師は国家資格ではないため、なろうと思えば誰でもなれます。


「今日から私は整体師だ!」と名乗っても、別に何の問題もなかったり
します。


それ故に、レベルの低い人間もたくさんいて、そういった人たちが身体を良くしに来た患者さんの身体を逆に壊してしまい、大きな問題となることがしばしばあります。


そういう時、整体師の商売敵ともいえる接骨院の先生(柔道整復師)の業界団体の幹部などが新聞などの取材に対し、「だから国家資格じゃない整体師はダメなんだ!」みたいなコメントをすることもよくあります。


実は接骨院でも事故は結構発生していたりするのですが・・・。患者さんの安全を守るためという名目の下、すかさず商売敵をけなす。なかなか役者ですねえ~。


さて、こういうふうにたまに罵り合ったりもする?整体師と接骨院の先生(柔道整復師)ですが、実際には似たような仕事をしているはずなのに、どうして一方は国家資格になって、もう一方は国家資格じゃあないんでしょうか?


アメリカ版の整体である「カイロプラティック」は、アメリカでは医者と同じような国家資格として成立しているのに、日本ではどうして国家資格ではないのでしょうか?


いろいろ説はあるのですが、実は「柔道整復師や鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧のなどの資格が作られたとき、整体師は数が少なくて「自分たち整体師も国家資格にしてくれ!」と主張する人が少なかったから、そのために国家資格にならなかったのではないか」という説が有力だといわれています。


 
そもそも国家資格なんですが、これは、国が大きく二つの目的を達成するために作られるものだといわれています。


・専門的な知識がないと、人体に危険が及ぶ可能性があるので、それを防ぐため。


・国家資格としてその人たちに独占的な権利を与え、保護するため。


例えば、お医者さんだったり、あと危険物取扱責任者だったりといった仕事は、ある程度、しっかりとした知識等がないと、大事故が発生したり、人体に危害が及んだりします。


そのため、知識や技術のレベルがある一定水準に達していることを認定するためのものとして、こういった国家資格というものは存在しています。この資格がないと、そもそもその仕事を行うこと自体を禁止されています。


一方、行政書士(役所に出す書類の作成などを代行する資格)や、税理士などといった仕事は、別に人体に危険が及んだりするわけではありません。ですが、国家資格として認め、その資格を持っていない人はその業務ができないようにしてあります。


これは、その資格を持っている人たちを保護し、利益を与えるために作れらた資格であるために、そのようなことになっています。


つまり、国家資格とは「危険を防ぐため」「独占的な利益を与えるため」の二つの目的のいずれか、または両方を満たすために作られているのです。


・・・で、柔道整復師や鍼灸師、あんま・マッサージ・指圧といった資格なんですが、これらは人体に危険が及ぶ可能性があるから、国家資格をもっていないとダメということになったんだと一般的には思われています。もちろん、そういう面もあります。ですが、実はこれらの資格は、もともと後者の「利益の保護」を達成するために作られた資格なのだという事です。


 
・・・というのも日本が戦争に負けてGHQによって占領されているときに、「日本の民間療法?そんな非科学的なもの禁止してしまえ!」みたいな意見をいわれたことがあったそうで・・。


当時は今のようにお医者さんや病院も多くない時代。武道家が骨折した人や脱臼した人を治すために道場に治療院を併設していたり、目の不自由な人が鍼灸師になったり、按摩・マッサージ師として活躍することで、足りない部分を埋め合わせていました。


長い歴史もあって、彼らは多くの人に必要とされる技術や知識をもっていました。また、年をとった武道家や、目の不自由な人など、身体に障害がある人が就ける数少ない職業でもありました。にもかかわらず、これらを一律で禁止しろといわれた日本政府は、あわてて彼らを保護する必要を感じ、急遽、国家資格として認定することを決めました。


ただ、当時、骨折したから身体を診てもらう人はいても、体の歪みを治してもらって健康になろうという人は少なかったこともあり、整体師という職についている人自体があまりいませんでした。そのため、整体師という職業は保護の対象とみなされず、国家資格として認定されなかった・・・と言われています。


え?そんな理由?という感じですが、案外、そんなものなのかもしれません。


なお、柔道整復師などが国家資格として認められると、10年もしないうちに、「無資格なのに、人の身体を触っている」という理由で整体師が逮捕され、裁判になる事件が発生します。


結局、最高裁まで争われることになるのですが、最高裁が出した結論は「整体師は、相手の身体に害を与えていない限りOK!」というものでした。(ただし、この被告は相手の身体に害を与えていたので最終的に有罪になったみたいです。)


(なお、他に身体を触る職業としては、アロママッサージ、エステ、足裏リフレクソロジー、アーユルヴェーダといったものがありますが、こういった業界などからは、リラクゼーションは資格者以外が行うことを禁止されている医業類似行為とは違うものだから問題ない!と主張しています。)

 
・・・とまあ、こういう感じで相手の身体に害を与えていない限り整体師は違法ではないという結論にはなったものの、問題が発生するたびに柔道整復師などからは「無資格だからダメなんだ」といわれるし、レベルの低い同業者が問題を起こすたびに整体師全体の評判が下がってしまうこともあり、整体師やカイロプラクターの業界は過去、幾度も、国に対して「整体を国家資格として認めてくれ!」という運動をしてきました。


小泉純一郎が厚生労働大臣時代には、その大臣である小泉純一郎を発起人とした整体・カイロプラクティックの団体が、2年以上かけて、役所に運動をしたこともあったみたいです。


しかし、結局、認められず。腕のいい整体師は、別にいまさら国家資格として保護しなくても十分やっていけるし、整体師は身体を良くするための職業であって、いまさら基準を国が決めて試験を行わないといけないほど問題が発生しているわけじゃないよね、とかいろいろな理由で、整体師は国家資格にはしない、という結論になったみたいです。


(もしかしたら、社会保険の予算が年々増えて財源が足りなくなっていく状況の中で、整体師が国家資格として認められたら、さらに保険の支払額が増えてしまうじゃないか!と思って、却下した可能性もありますが・・・)


ということで、おそらく、今後も整体師が国家資格になることはないだろう、といわれています。


ま、いまさら国家資格として認められたから、突然身分が保証されることなんてないし、資格をとったから確実に人の身体を良くできるようになるのか、というとそうでもないので、コツコツと努力して、レベルを上げていくことがとりあえずは重要である、ということが言えそうです。


腰痛解消 松原秀樹の病院では教えてくれない目からウロコの腰痛解消法


腰痛解消 松原秀樹の病院では教えてくれない目からウロコの腰痛解消法