アクセス解析

整体師って食べていけるの?(整体師の収入の話)

整体師になったとしても、それで収入を得てちゃんとやっていけるのか?


これは、これから整体師を含む治療家になろうと思う人全てが思う疑問でしょう。


「いま、整体を勉強しているんだ」なんてことを周りの人に言ったとき、最初に言われるのが「それって儲かるの?」「生活していけるの?」だったりするので、やっぱり収入面は多くの人が気になるところだと思います。


ま、結論から言えば「やり方次第」ということになります。なんじゃそりゃ?という声が聞こえてきそうですが、飲食店っだって、儲かる人もいれば潰れるところもあるように、整体院を開けば誰でもうまく行くわけではなく、やり方次第で儲かりもすれば、全然ダメということもあるというのが実際のところだといえるでしょう。


コンビニが5万店といわれる中、整体院や接骨院、鍼灸院・・・その他もろもろの治療院の数は10万店を越えるとも言われており、特に都市部などはすぐ近くに数店どころか十数店の治療院が存在していることもあって、過当競争が進んでいるように見えます。


確かに、この状況だけを見ると非常に成功するのが難しいように思えます。


ただ、需要自体は高齢化もあって、すごい勢いで増えています。高齢者自体も増えているし、しかも、痛みがあっても我慢する昔の高齢者と違い、今の年長者は痛みがとれるならお金は喜んで払うよ、という人も多いことから、治療家が増えるスピードよりも、施術を受けたい人の数が増えるスピードの方がはるかに上回っているといわれています。


だから、やり方さえ間違えなければ、十分に成り立ってはいくでしょう。


競争が激しいと、ついつい価格競争に巻き込まれて、料金の値下げを始めようとする人がいますが、だいたいこういうことを始めるところは消えていくことが多いです。


そもそも、「物」を売る場合と違って、人間が直に行う「サービス」は薄利多売に向いていないので、値段を半分にしたら、お客さんが倍になる・・なんてことはほとんどありません。つまり、売上だけが減るということになる場合が大半です。


しかも、収入が変わらないのに、一日に相手するお客さんの数が倍になれば、疲労困憊で仕事を続けていくことが困難になります。


むしろ、どうやれば料金を高くしてもお客さんが来るか?ここを研究した人の方が、結局、成功していくことが多いといえるでしょう。


また、1回で治る症状をわざと2、3回かけて施術していけば、なんどもお客さんがやってくるので、儲かるじゃないか?と不届きなことを考える人もいます。こういう人は、「あそこは腕が悪い」という評価を受けて、あっという間にダメになっていくことが多いようです。


たくさん通って欲しければ、できるだけ少ない回数で治してあげるようにして、「あそこは腕が良い」という評価を得ておきます。すると、人間、生きていれば疲労もたまるし、体のどこかが悪くなることなんてあるので、そういう時にはいの一番に、患者さんは来てくれるようになります。


また、「体が悪くなって痛みでのた打ち回らなくても良いように、月に一度はメンテナンスとして通ったほうが良いですよ」と話したりすることで、何度も来てもらえるようもっていったりします。


リピーターを増やすための方法というのはいろいろあるのですが、整体師をはじめ、治療家・セラピストという人たちは、施術方法などの技術ばかりを研究して、こういった経営的な部分をいい加減にする傾向があるので、こういったポイントもしっかり研究しておけば、生活していけなくなるということはまずありえないでしょう。


(もともと、ベッドとタオル一つあればできる「整体」という仕事は、原価が全然かからないだけに本来は失敗しずらいはずですが、それでもうまく行かない人はいます。こういう人は技術面に問題がある場合もありますが、圧倒的に経営面での研究が足りないことが多いです。)


どこに出店するのか?
どういう広告を出すのか?
どういう料金制度を作るのか?
院にこられた患者さんにどういう風に施術の説明をしたり、接したりするのか?
患者さんが何度も来たくなるのは、どういうことをしたときか?
ライバル院とどう差別化するのか?


こういったことをしっかりと考えた上で、戦略を練り、その上で技術の方もきちんとレベルアップしていけば、まず生活していけないということはないでしょう。月100万を越える収入を得ることも決して難しいことではないと思います。

 
・・・なお、自分で開業するのではなく、そういったお店に勤めるカタチの場合は、多店舗展開している会社の各院の院長先生にでもならないと、かなり薄給で使われることになることが多いかと思います。


場所によっては、正社員として採用されるのではなく業務委託、つまり完全歩合制?のようなカタチの場所もあったりします。こういうところに入っちゃうと、数日間に一人お客さんが来るだけ、みたいなこともあったりして、とても生活していけなくなります。


勤める場合は、よくよく事前に調べてから、面接等を受けるようにしましょう。


きちんと技術等をしっかりと指導してくれるような院、将来独立するのを支援してくれるような院で働く場合なら、給料が少なくても修行だと思って頑張ることはできますが、そうじゃないところに勤めてしまうと、完全に使い捨てになってしまうこともあるので、その辺は十分に気をつける必要があるかとは思います。


理想は技術面はもちろん、ビジネスセンスにも秀でた人が運営している治療院に勤められることができるといいですね。得るものも多いし、しっかりそこでやっていけば独立しなくても、結構な額の給料がもらえることもありますし・・・。


 
ま、需要の伸び自体はここ2,30年は十分にあるとも言われているので、治療技術はもちろん、経営的なテクニックや知識もしっかりと研究していけば、整体師として十分生活していけることはおろか、普通の会社のサラリーマンよりも大きな収入を得ることも可能ではないか・・・というふうに思います。


その場で患者さんに感謝もされるし、そういう意味では良い仕事だといえるとは思います。


独立開業自力で習得!全身手技療法パーフェクトマニュアルDVD2枚組


整独立開業自力で習得!全身手技療法パーフェクトマニュアルDVD2枚組


整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授します!


整体師になろう!一生の宝となる整体法とリフレクソロジーを伝授します!